第1019回例会
2017/2/8(水)12:30 
出席報告 会員数 総出席者数 出席率 前々回の更正出席率
26    19 73 73

出席出来る会員数 26
出席者 16
メークアップ
司  会 神谷 旭会員
ロータリーソング 「我等の生業」
ソングリーダー 平野春治会員
ゲ ス ト ㈱イトー 代表取締役 伊藤正一様
ビジター

岩本克治会長
・自分の体調
 足にしびれを感じ夜も眠れないので病院に行き、椎間板ヘルニアと診断されました。痛みを薬で抑えている対処療法の状態ですので姿勢が悪くなっていますがご了解ください。

・ロータリアンの3つの義務
①例会に出席
②会費納入
③ロータリーの広報誌『ロータリーの友』の購読

 権利は義務を果たした上でロータリーの奉仕が出来ると自分なりに考えた訳です。
 御殿場の会員さんが、若い会員さんの出席率が悪いのは人それぞれの事だから会長さんがしっかりやればいいとお話をしていました。自分は健全なクラブ運営を考えていきます。

☆ローターアクトチャリティーバザー提供品
 3月1日に集めますので御協力お願いします。


大嶌憲司幹事代理
・2017-2018年度2620地区村松ガバナーよりアナハイムより葉書が届いています。
・2月8日(水)コミュニィケーションの会 開催
・2月10日(金)指名委員会反省会開催 18時30分~於:掛川グランドホテル
・3月11日(土)IM 14時
・例会変更 



   
会場風景   平野正俊会員   会場風景
 
●出席委員会より出席率の報告( 大嶌憲司会員)
 別表の通りです。

●管理運営委員会よりスマイルの報告(大嶌憲司会員)
太田隆久会員 厳しい寒さも今少しです。暖かい日々が待ち遠しいですね。
清水 厚会員 久しぶりです。

●平野正俊会員
 皆様のテーブルにラグビーワールドカップのバッチをお配りさせていただきました。スペース、同意をいただける方は是非付けてPRをしていただければ有り難く思います。
 ご存じの通りラグビーは、世界3大スポーツ、オリンピック・サッカーワールドカップ・ラグビーワールドカップと世界で注目されているスポーツです。
2019年エコパの会場で開催されます。決勝は横浜のスタジアムと決定されています。今年6月17日(土)テストマッチで日本代表とアイルランド戦があります。
アイルランド 世界ランキング4位
日本     世界ランキング11位
今回の集客によりワールドカップの試合が組まれるかの動向調査も含まれています。
是非、お一人でも多くの方に観戦していただきたいです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

ゲスト卓話
   
 
例会行事 ゲスト卓話     

㈱イトー 代表取締役 伊藤正一様
 皆さん、こんにちは。㈱イトーの伊藤と申します。鵜藤さんとは弊社の社会保険を担当していただいているご縁があり、本日はこの機会をいただきました。ありがとう御座います。本来ならば私のような者がこのような席でお話することはもったいないことでございます。
 “ほこりんぼう”商品は弊社のピンチを救ってくれた商品でそのお話をします。
社歴(HPより)

昭和40(1965)年 :伊藤恒平 伊藤製茶所を創業
昭和49(1974)年2月 :伊藤佐代次(現会長) 伊藤捲糸有限会社を設立
昭和60(1985)年9月 :日清紡績株式会社島田工場 構内作業請負部開設
昭和63(1988)年4月 :伊藤産業有限会社へ社名変更
平成3(1991)年6月 :静電植毛加工部開設
平成5(1993)年8月 :株式会社イトーへ社名変更
平成18(2006)年1月 :食品衛生機器部開設
平成25(2013)年8月 :イトーお掃除革命室開設(室長 伊藤正一)
平成28(2016)年11月:伊藤佐代次が取締役会長に就任 伊藤正一が代表取締役社長に就任

 私の祖父が50年前お茶屋として企業していた。時代の変化とともに業務内容が変わりました。現在は、
(1)紡績用綿ぼこり静電植毛加工部
(2)イトーお掃除革命室(お掃除雑貨の販売)
(3)打抜き加工部(材料を希望の型にプレスする、主に緩衝材や仕切り材)
(4)衛生機器部(捕虫器の衛生機器の販売)
(5)日清紡構内作業請負部

会社の理念 (聖徳太子の第17条憲法の第9条より引用)
「信是義本」 「毎事有信」  
しんこれぎのもとなり、ことごとにしんあれ
「まごころは、人の道の根本なり」
「何事にもまごころがなければいけない」

私達は5つの心を大切にします。
「はい」という素直な心
「いつもありがとう」という感謝の心
「私のようなものでも」という謙虚な心
「させていただきます」という奉仕の心
「いつもニコニコ」明るい心

商品ができあがるまでの事
26年前より紡績会社の綿ぼこり除去製品を作り売り上げも順調だった。20年前から徐々に紡績工場の海外移転により弊社の綿ぼこりの除去製品販売数が75%減少した。ほぼ壊滅状態にまでなった。
 紡績の糸を作る機械だが糸の製造過程のなかで大量に出る綿埃を除去する役割をする製品で、弊社の除去製品は、高品質な糸を作るには絶対不可欠になるが、紡績会社の海外移転により生産ピーク時の4分の1にまで落ち込んだ。
会社の余力があるうちに何とかしたいと思い、地元銀行に相談したら、富士市産業支援センターf-Biz 小出さんを紹介していただき1ヶ月後までに長所と短所・強みと弱みを箇条書きにして面談に臨んだ。沢山の短所を真剣に話しをしていたら「それすごいじゃん」と言われ、何が凄いのか全く分からなかった。
なにが凄いか聞いてみたら、「コンセント周りの貯まっている誇りのトラッキング火災を防げるから、家庭での需要があるのではないか」
 会社向け商品しか作ってこなかったので家庭向け商品は製造経験が全く無かったので不安でいっぱいだった。島信さんに鼓舞していただきお掃除雑貨を商品化した。
 私の頭の中では「プロジェクトX」のテーマ曲 ♪地上の星が流れていた。

製品化まで2年半かかりました。
〈試作品 第1号〉紹介 女性が購買力のカギを握るので女性の意見を取り入れ、誇りがつくところに色を付けた。

富士市産業支援センターf-Biz さんのコピーライターの杉本さんに作ってもらいました。
キャッチコピー
品質管理が厳しい紡績工場で使う綿ぼこりのお掃除用具を日本で唯一作っている会社がつくりました。

キャラクターはスカイビーンズの森さんにデザインしてもらいました。
こちらはお掃除の妖精をイメージ

パッケージも1年かかりました。
販売目標とコンセプトを決め、ターゲットは働く若いママと決めた。

全国販売までの流れ 
東急ハンズでテスト販売後、千趣会での全国販売の展開になった。
有識者の意見を取り入れながら進めた。
私は専門学校も中退した人間ですのでこのような展開になるとは思っていませんでした。
ブランディング戦略の重要性をすごく感じ販売の拡大はレクチャーを受けて商談が決まっていった。ブランディング戦略から交渉術まで指導いただき念願だったベルメゾンの通販も決まり、大手商社様への販売をしたいと考えています。また、工場内に工場直売所を新設した。商品のポップ、説明のポップが必要になります。全国販売になると受注量の増加に伴いスタッフの増員をしましたがスタッフの心のケアーの問題が起こり鵜藤先生に御指導いただき社員の心のケアーをしていただきお世話になりました。

新商品“ほこりんぼう ミニプラス” 革靴の先に貯まっている誇りを取ります。
プレスリリースをやったので取材が多くなり、取材とマスコミ対応のノウハウを山堀先生より御指導をいただきました。

最後に
このように弊社には無料の専門家の派遣制度、静岡県よろず支援の相談を使い弊社を客観的に分析してもらった。
私自身もそうですが、本業に没頭すると見えなくなってしまう部分があるので、第3者である有知識者の方やプロフェッショナルな方にみていただくことにより長所を見つけてもらい、真の強みを引き出してもらったと思います。
この“ほこりんぼう”は沢山の有識者の方に関わっていただいたので感謝を忘れないで弊社の経営理念にあるように真心をもって本業に精進していきたいと思っております。人生豊富な皆さんから御指導と御鞭撻ありましたらお願いします。
本日はご静聴ありがとう御座いました。

PS:ついた埃はコロコロで取れて繰り返し使えます。